Thought / 大切な食のこと

食べることは
生きることそのもので、愛着がわいてくる

 

四季がある豊かさに気づいたのは日本を離れ
11年という長い海外暮らしで
日本が少し遠い存在になったから。
四季折々の中で育まれる日々の営み、生まれる文化
感性豊かな食と農が新鮮にみえた。
味噌汁の具ひとつからも旬がひしめく美しさ。
海外のフィルターを通したことで伝統料理の素晴らしさも再発見した。

 

家庭料理の偉大さに気づいたのは一時帰国中
毎日のように母の手作りごはんを食べたから。
家族のためだけに献立を考え、食材を揃え、調理を進める。
私たちは一番おいしいタイミングでできたてを食べる。
それが当たり前に繰り返される。
家庭料理とはなんて贅沢で、愛情に溢れているのだろう。

 

オーストラリアの暮らしは多様性の連続。
多民族社会ではお互いを認め、受け入れ共存していた。
多国籍な食文化は個性に溢れ魅力的だった。
スローフードやサステイナブルな暮らしが根付いた土地で
食材の持つフレーバーを求めていたら
自然とオーガニックに辿りついた。

 

 

食べることは、からだのみならず心も育んでくれる。
おいしさから芽生えたその愛着は、次第に生産者、環境、教育、文化へと
食はいろんな世界をのぞく扉になった。

家族ができたいま、それはわたしごとではよりなくなり
こどもたちの未来にも想いをはせる。
料理の楽しさを分かち合い、おいしいを未来に紡いでいけたら
生き良いやさしい世界が広がるのでは、そう願っています。

3本の食の柱のおはなし → click


プロフィール


yukashi

西山 由紀子
料理家

旬の素材を生かしたシンプルでヘルシーな料理を得意とする。身土不二の考えをもとにその土地の時季の食材を取り入れたレシピを主とし、家庭料理のあり方や暮らしにも関心が高い。

 

– William Anglis Institute of TAFE:
Certificate in Chinese and Southeast Asian Cookery 終了
(ウィリアムアングリス専門学校 中国/東南アジア料理コース)

– The University of Melbourne:
Bachelor of Primary Education 卒業
(メルボルン大学 教育学部)
(オーストラリア・ヴィクトリア州 小学校教員免許 取得)

– 正食協会 マクロビオティッククッキングスクール
師範科コース 終了
(正食協会認定師範)


略歴

2008 –
食に向き合ったとき、日本人の食性にあった玄米菜食に魅かれていき
雑穀料理に出会ったことが食の活動をするきっかけとなる
yukashiとしてお菓子・お料理の活動スタート
会社員の傍ら、お菓子の製作と販売、週末カフェをはじめる

2010 –
帰国後、新規オープンのナチュラル系パティセリ‐カフェにてマクロビスイーツ、
野菜ランチのレシピ開発・試作、キッチンを半年間担当後、通訳の仕事と平行し
アトリエオープンの準備、DIYで改装スタート

2012-
姫路の城下町、八代本町にある古い木造民家を改装後
4月 yukashi 料理教室・カフェスペースオープン
月に1度の生産者と作りての場、船場川サンデーマケットをあさのは商店とスタート
食をシェアする大人の寺子屋をテーマに講師を招いてワークショップをアトリエで定期開催

2014 –
第一子出産、乳幼児期からの食育に関心が向く。離乳食講座を新設

2015 –
第2子出産を控え、子どもと向き合う暮らしを真ん中におくためアトリエを閉める

2016 –
第2子出産、核家族のなかでの家庭料理のありかたやおいしさに益々関心が深まる

2017 –
料理教室、食や暮らし、子育てにまつわるワークショップをゆるりと再開
イベント出店、ケータリングをゆるりと再開

現在  –
まだまだ手も目もかけたい子どもたち
目まぐるしく成長するいま、愛情あふれる時間を過ごしたいと多くの母親とおなじ気持ちで
切磋琢磨の日々です。そのなかで、子ども向け料理や料理の基礎を私らしく伝えるべく
新体制を準備中です。
経験と学びを深め、自身からあふれる言葉で食を伝えていければと思っています。